ホーム |お問合わせ|
飛騨高山朝市総合案内・飛騨高山宮川朝市協同組合公式サイト
飛騨高山朝市
飛騨高山の朝市と。飛騨高山の見所、観光名所を季節の話題ともにご案内します
朝市のお店 朝市に並ぶ品々 朝市の写真 朝市への道
高山祭り 北アルプス 高山の観光

朝市と風土
 西洋では、その町の市場を見れば、町のすべてが分かると言われています。飛騨高山朝市を見れば飛騨人の人情、食、生活、風土などがわかるような気がします。飛騨高山の人を一口で言うと、気がいいわりに、がんこのなところ.........かな・・
今日の朝市           


12月、今年もあとわずか
飛騨では冬支度に入ります、遠くの岳山ではもう雪化粧。朝市には越冬用の漬物の材料になる赤カブ、白菜、大根など大量に並んでいます。。

写真朝市で求めたチャンチャンコを着て寒さをしのぐ子供
2.飛騨高山特有の野菜
飛騨高山の野菜、ベスト1は赤カブ

最近飛騨高山で生まれた形の変わったカボチャ「スクナ南瓜」、ホクホクで味は最高、ただしこの南瓜の種を蒔いてもこの形の南瓜が出来ません。変わりものですが人気上昇中。

他にも朝市には、高山産の色々な野菜が売られています。

詳しくはここ、季節の野菜をご覧下さい。

3.絢爛豪華な高山祭り           
飛騨高山の春は祭りから

毎年、4月14日15日と10月9日10日に行われる、高山祭りは 日本三大美祭と言われ、動く陽明門の別名を持つ祭り屋台が見られます。

詳しくはここ、高山祭りをご覧下さい。

4.飛騨の果物           
飛騨のりんご

飛騨高山朝市は、美味しい果物がいっぱい・イチゴ・さくらんぼ・メロン・桃・ぶどう・中でもりんごは数多くの種類が栽培されて長期間朝市で売られています。

詳しくはここ、りんご・情報をご覧下さい。

5.夏の食べ物           
ほうば餅

つきたてのお餅を、ほうの葉に挟んだもの、猛暑の中てもカビない、腐らないと言われ飛騨地方では特にお盆の頃の食べ物や帰省の土産に昔から作られてきた。ほうの葉の付いたまま焼くと綺麗に葉が取れ、ほうの葉のにおいがよい。

そのほか色々の食材が売られています

詳しくはここ、品物・情報をご覧下さい。

6.夏は飛騨桃の季節           
飛騨高山産の果物

7月に入ると、飛騨高山朝市に初夏の果物、さくらんぼが終わると、いよいよ飛騨桃が出始めます。
そのほか朝市には色々の果物が並びます。 飛騨地方は朝と日中の気温差がが大きく果物の甘みを高めると言われ飛騨高山産の果物や野菜はとても美味しい

詳しくはここ、果実・情報をご覧下さい。

7.緑の中の飛騨高山朝市           
手作り民芸品

朝市に並ぶ品物は食品ばかりではありません。それぞれ地域の特徴を持った手作りの。民芸品も 目に付きます。衣服や。木工品。彫刻。紙細工。有名「なさるぼぼ」も色々趣向を凝らして作ってあります。

詳しくはここ、手作りの品々をご覧下さい。

8.夏の山菜・7月上旬           
いよいよ夏本番

朝市も緑の中で開かれています
飛騨高山は、日中のの気温はかなり高くなりますが、朝晩はとても涼しく快適です。特に 湿度が低く蒸し暑くないのがこの地方の特徴。
夏、山で初めに取れるのが「またたび」これが出始めると飛騨の夏の盛り。もうすぐキノコや栗なども取れるようになります。

詳しくはここ、きのこと秋の山菜をご覧下さい。

9.飛騨人が待ちかねた春           
山菜の美味しい季節

飛騨高山の春。桜がすむと山菜の美味しい季節です今日の朝市には、山菜や花、春野菜に、花や野菜の苗も売られるようになりました

詳しくはここ、山菜をご覧下さい。

10.初夏の朝市は花の季節           
朝市には、山菜や花、春野菜がいっぱい

5月の朝市には、山菜や花、春野菜に、花や野菜の苗も売られるようになりました
家庭菜園や花壇作りに最適の季節です

詳しくはここ、花・花・花

11.飛騨の山々           
5月の、飛騨高山は日中は15度を越える暖かさが戻ってきました、色々の行事やイベントが計画されています。。
飛騨ではまだ鯉幟が泳いでいます、これは仕舞い忘れた訳ではありません。高山では、端午の節句はひと月遅れで行ないます(6月5日)遠くの岳山にはまだ雪が残っていますが、山々は新緑に変わりのどかな風景をみせています。

詳しくはここ、飛騨の山々をご覧下さい。

12.高山の川           
4月の、飛騨高山は 飛騨には水のきれいな川や滝が沢山あります。市内中心部を流れる宮川の河畔に朝市があり、 奥山の雪解け水で澄んで水量も沢山あります。

詳しくはここ、川・情報をご覧下さい。

13.朝市の桜           
飛騨高山の春3月

今年の春の訪れは早くなりそう、桜も高山祭りには満開になりそうです。
(写真) もうすぐ咲きそうに膨らんだ、朝市の桜
飛騨高山は暖かいと言ってもまだまだ、桜の開花は4月15日頃。高山市は面積も広く、又標高差も海抜350mから3000mまであり桜の花は4月10日ごろから5月10日ごろまで長期間、あちこちで見ることも出来ます

詳しくはここ、桜情報をご覧下さい。

14.朝市名物           
朝市で目に付くのが漬物、赤かぶら、民芸品ではサルボボや手芸品、果物は・りんご、桃、メロンなど等、だんごや飴、餅や味噌。
忘れてならないのが高冷地野菜の数々、山菜、キノコ、木造りの小物、まだまだあります。

飛騨高山朝市のお店を並べて見ました

詳しくはここ、朝市のお店をご覧下さい。

15.冬の高山           
年末年始の朝市 飛騨地方は寒波に見舞われて、今日は一面の銀世界、 この雪のを掻き分け、朝市にはお店が出ています、耐寒体験に是非おこし下さい。

お車の滑り止めや、お足元にはくれぐれもお気をつけてください

詳しくはここ、高山のお正月をご覧下さい。

16.飛騨の紅葉           
朝市の紅葉

岳山は[海抜2000以上]は積雪があり高山に入る峠[海抜1000あたり]では降雪も見られます 飛騨高山朝市の紅葉は今が盛りです。高山に向かう道路はとても綺麗に成っています。

詳しくはここ、紅葉をご覧下さい。



サイトマップ朝市季節朝市品定め朝市風景・動画スライドショー サイトポリシー

本サイトは非営利で運営されています。商品の販売、仲介などは一切行っておりません。

サイト作成運営 飛騨高山宮川朝市協同組合ネット部会 
(本サイト内の写真等を無断で転用、コピーすることを禁じます)
Copyright©飛騨高山宮川朝市協同組合All rights reserved. since2004
HP URL http://www.asaichi.net  

 
 This Web supported in Japanese Version Only
飛騨高山宮川朝市協同組合について
(組合概要・業務内容)